幼稚園の父親参観に行って、ほっこりしてきた話。

どうもっ!おもちです!

先日、幼稚園の父親参観日がありました。年中さんになって、いろんな事を覚えてどんどん成長していく我が息子にほっこりな一日でした^^

いつも家で聞かせてくれる歌。

いつも、息子はいろんな歌を覚えてきては歌ってくれるのですが、今回みんなで歌ったのは「どろんこと太陽」。

僕が幼稚園にいるのが恥ずかしかったそうで、息子は、はにかみながら小さな声で歌っていました笑

いつもありがとうの言葉。

ファンキーな似顔絵。カラフル。

サプライズで似顔絵のプレゼントと、いつもありがとうの言葉。

練習して言わされている感なんて気にならない位、嬉しいものです。

ファンキーな似顔絵を見て、みなぎってくる力を感じました笑

今しか出来ない、幼児のお父さん。

お父さん遊園地ということで、腕にぶら下がったり、「たかいたかい」、「お馬さんごっこ」といった遊びをする時間。

こんな遊びも今しか出来ないんだよなーと思いながら全力で遊びました。

まとめ

父親参観は2回目ですが、親にとっても、子供にとっても大事な時間ですね。

お友達と遊んだり、幼稚園でこんなことしてる!とか得意げに話す息子に、家で遊ぶのとはまた違った一面を見ることが出来ました。

また、簡単に抱きしめたりできる赤ん坊~幼児の期間ってほんとあっという間なんだな~!と改めて、今の時間を大事にしようと思いました!

息子
ぼくと遊びたかったら、お仕事から早く帰ってきてね!
おもち
そのとおりだな。

読んでいただき、ありがとうございました!それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です